1985.8.11 つくば科学万博で「ロードランナー」大会

1985年につくばで開催された「科学万博」。

ソニーが設置した「ジャンボトロン」は、縦25m×横40m。2000インチ相当の大画面である。

ジャンボトロンの実現には45万個の発行素子を採用。それらはRGBに振り分けられ、ピクセルの総数は15万個となる。

さて、このジャンボトロンの象徴とされるのが「ロードランナー」を使用したゲーム大会である。『MSXマガジン』1985年7月号に掲載された参加者募集の記事によると、この大会は小学4年~中学3年の子供たち50人が参加したとのこと。


※MSX版「ロードランナー」はソニーから販売されていた。

科学万博の公式ガイドブック。表紙は和田誠さんが担当。

というか、いまでは「平野レミの旦那」と書いたほうが有名かもしれない。

ジャンポトロンのページ。

「コンピュータゲームもできる」という記述がこっそり存在している。

MSX 35th Anniversary (unofficial)

1983年に誕生したパソコンの世界統一規格「MSX」。 今年(2018年)で35周年を迎えるにあたり、過去の資料や思い出話などをたくさん掲載していきます。 出典があるものはなるべく記載し、MSXが残した文化を後世に伝えるとともに、研究に役立つ内容にできれば幸いです。 ※本サイトは非公式のものであり、アスキー(当時)およびマイクロソフト等とは関係ございません。

0コメント

  • 1000 / 1000