1983.10.25 雑誌『I/O』がMSX規格を猛批判

現在も発行され続けている雑誌『I/O』。
もともとは西和彦氏や、後にインプレスを創業する塚本慶一郎らの手によって創刊されたが、後に彼らは仲間割れしてアスキーを創立。『月刊アスキー』を創刊する。

そんな因縁もあってか、1983年12月号では「規格統一問題を考える」というMSX規格を徹底批判する記事が掲載された。
MSXの性能は(当時の他のパソコンと比べても)低い、統一規格はパソコンの進化を阻害する、といった鋭い指摘もあったものの、全体的には怨念を感じる。

当時、パソコン業界に進出した若き野心家たちは時に手を組み、時に衝突を繰り返した。この記事はそんな時代を象徴するひとつの記録と言えましょう。
【出典】『I/O』1983年12月号

MSX 35th Anniversary (unofficial)

1983年に誕生したパソコンの世界統一規格「MSX」。 今年(2018年)で35周年を迎えるにあたり、過去の資料や思い出話などをたくさん掲載していきます。 出典があるものはなるべく記載し、MSXが残した文化を後世に伝えるとともに、研究に役立つ内容にできれば幸いです。 ※本サイトは非公式のものであり、アスキー(当時)およびマイクロソフト等とは関係ございません。

0コメント

  • 1000 / 1000