1985.5.7 「MSX2」規格発表

ソフトウエア開発会社のアスキーは七日、パーソナルコンピューターの統一規格MSXの機能を大幅に強化した「MSX2」を開発したと発表した。ソニー、松下電器産業、東芝などMSX陣営のパソコンメーカーは今秋をメドに新製品をそろって発売する計画である。

「MSX2」はニューメディアに対応できるよう、通信機能を強化しているのが最大の特徴。これまで、MSXパソコンはゲーム機として利用される例が多かったが、アスキーは「MSX2」の登場で、MSXは「万能端末」に衣替えし、オフィスを中心に新しい需要が期待できるとしている。

(中略)

現在、日本国内では十五社がMSX陣営に参加、四月末の累計出荷台数は六十八万台に達している。


【出典】日本経済新聞 1985年5月8日付


翌日発売された『MSXマガジン』1985年6月号には「ニュータイプMSX2」と題された記事が掲載された。しかし、この記事は目次には存在せず、急遽差し込まれたものではないか?と想像される。

MSX2の理念は「バラエティ」とのことで、以下の項目が記述されている。

・アッパーコンパチブル (すなわち上位互換。MSX1のソフト・ハードがそのまま使える)

・バージョンアップアダプタの可能性 (結局NEOSが出すまで苦節数年)

・家庭情報センターとしてRS-232Cに対応 (ただしオプション規格。パソコン通信やキャプテンシステムを意識したものと考えられる)

・これからのソフトウェアとメディアの進化 (フロッピーディスクが主力となっていく)

・バリエーションの拡大

MSX 35th Anniversary (unofficial)

1983年に誕生したパソコンの世界統一規格「MSX」。 今年(2018年)で35周年を迎えるにあたり、過去の資料や思い出話などをたくさん掲載していきます。 出典があるものはなるべく記載し、MSXが残した文化を後世に伝えるとともに、研究に役立つ内容にできれば幸いです。 ※本サイトは非公式のものであり、アスキー(当時)およびマイクロソフト等とは関係ございません。

0コメント

  • 1000 / 1000